読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライラックという花の「花言葉」

 

 

 

 

こんにちは、Kayでございます。

 

 

 

 

最近様々な出来事が起こりすぎて今後どーなってしまうのか

 

 

 

 

不安な日々を花粉症と共にすごしております。

 

 

 

花粉症の時にバイアグラ飲むと完全に鼻呼吸できなくなります。

 

 

 

お気を付けを。

 

 

先週末の札幌のお祭りから箱の出来事です。

 

 

では

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

ブログ書いてないで即写はよですよね

 

 

すいません

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

-------------------------------------------------

 

 

 

 

 

5月某日

 

 

 

 

 

 

前日(金曜)は息子といちゃいちゃしていたのででれず楽しみにしていた週末。

 

※自己即という意味ではなくそのままの意味

 

 

 

 

その日は所用で昼間からでかけており

 

 

 

 

一年の街の浮つき始めをひしひしと感じていた。

 

 

 

 

所用が終わり、札幌の〇通公園にうらすじがどーにかなってらっしゃる爺と

 

 

坊主()くんがいらっしゃるということで合流することに。

 

 

 

 

 

夜空さん曰く「ポロ札中のアホをギューンと集めた空間の住民」が何故、昼間のこの時間にこんな公園なんかにいるというと

 

 

 

 

5月中旬より下旬にかけて開催されるというライラック祭りというフェスタがあり、そこで遊ぼうというからである。

 

 

 

 

連絡を取りながら近づくと二人と爺のお連れ様(女)の3人を発見。

 

 

 

 

「なに知らないふりしてスルーしようとしとんねん笑笑」

 

 

「季節感ない恰好してると偏差値低そうにみえますわ」

 

 

「さむそう笑笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補足ですがライラック花言葉

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170523111050p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『友情』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕刻に差し掛かり寒くなってきたが、負けじとキンキンのタピオカブラックティーなるものを買いみんなのとこへ戻りのんびりトーク

 

 

 

おかわりさんのお連れの子もすごいいい子で会合を楽しむが

 

 

 

 

二人はこれからデートということと

 

 

 

 

 

某座くんがストりたくてそわそわチラチラしてくるので別れることに。

 

 

 

 

 

某座「え?おかわりさんkayさんの車乗るの初めてなんですか?僕もう5回は乗ってますよ」

 

 

 

爺「なんだよその変なアピール笑」

 

 

 

美女と美獣を見送り、ストることに。

 

 

 

 

 

※本当は某座くんも俺の車乗るの初めてでした。

 

 

 

こーいう小ネタというかひとふざけをいつもいれれる某座くんは頭が良く面白い。

 

 

 

女の子も彼といるとシンプルに楽しい時間なんだろうなといつも思う。

 

 

ふざけすぎて面白すぎるからいつも女の子に

 

 

『からみめんどいwww』って食いつきあがるんだろうな。

 

 

車を置いて少し歩き、入れ替わりで小次郎くんも参戦

 

 

 

その同時にファミリーの4割のキセク子に遭遇

 

小次郎「大凶や・・・」

 

某座「あの子に一日に3回会うとしにますから」

 

Kay「一緒におったのかと思ったわ笑」

 

 

 

そしてストという名のふざけあいながら散歩をする。

 

 

さらにキセク二人に遭遇する

 

 

 

Kay「ここでさすがに会うとはおもわなかった」×2

 

 

 

 

 

 

・・・俺に世界は狭すぎるぜ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

少しして小次郎君がオープンした3人組の子に和ませてもらいテーブルトークに。

 

 

 

 

なんならこの日まともにオープンしたの小次郎くんだけで俺と某座くんスネ夫みたいになってた。

 

 

 

 

 

某座「なあなあ、この中で一番季節感ない服装指さしてくれへん?」

 

 

 

この日会った時から30分置きにマウントをとってくる某座くん。

 

 

 

 

まさかこの和みの中でなおヒエラルキー落としにかかってくるとは思わず

 

 

 

落ちるのだけは避けようと

 

 

 

 

「ちょwwおいこらww」

 

 

 

しか抵抗できない俺。

 

 

 

 

まぁおいしくしてくれるんだなと思い(諦め)甘んじて受ける。

 

 

 

せーの!で3人の女の子が全員選んだのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小次郎くん

 

 

 

俺と某座くん大爆笑

 

 

イケメン対決でもそうだけどよく女から指さされるすごい奴だよほんと!

 

 

 

 

ぶひぃwwwwwww

 

 

 

 

 

帰るとのことでバンゲせず放流(される)

 

 

 

ここで俺が一旦離脱して二人はスト(散歩)継続

 

 

 

そして2時間後仕事を片付けて再合流して飯にすることに

 

 

 

中華にしましょ!ラーメンにしましょ!

 

 

 

とうろうろしたあげく入ったのは坊主飯処のカレー食堂、、、

 

 

 

 

食事を終え店を出た瞬間にドウタさんに遭遇

 

 

 

 

急いでいたのかニヤニヤして一言もしゃべらず通りすぎられ坊主を目撃される。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは完全に最下層階級を見る目だったよね…

 

 

 

 

 

そしてスト再開

 

 

 

 

 

 

 

某座「小次郎さんのナンパて結構接近戦ですよね」

 

 

K「そーかな?某座&夜空が遠距離職すぎるだけでしょ笑」

 

 

 

某座「ナンパで遠距離てなんなんすか笑」

 

 

 

 

小次郎「キンタさんタイガーさんは格闘家ですもんね」

 

 

 

 

 

 

くだらない陰キャトークのしすぎで疲れたのでキンタゴンで休ませてもらって箱にいくことに。

  

 

 

 

 

道中にそれっぽい女の子二人組がいたので声かけようと振り返ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパ終わりのキンタさんと別の女の子二人の逆3を発見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか真後ろの人たちがキンタさんだと思わず面白すぎて崩れ落ちる俺

 

 

 

 

 

 

某座&小次郎「大丈夫ですか!?すいません救急車を呼んでもらえませんか!?」

 

ふざけ終わって普通に会話始めて

 

女の子達が「え?この人達知り合いなの?笑」

 

 

からの

 

 

 

キンタ「この子ダイヤの原石やねん、俺の彼女になんねん」

 

小次郎「原石なんかい…ボソ」

 

は面白かった。笑

 

 

 

 

そして全員でキンタゴンin

 

 

 

 

数名変な髪形(?)にセットしてると『とっくん』も参戦。みんなでR箱へ

 

 

 

 

そこで少し事件があり…

 

 

 

 

 

 

テンションあがらずとっくんとお酒を飲んで踊らずふらふらサージング

 

 

 

 

しかも今日も安定の箱値である。

 

 

 

 

 

 

みんなして「今日やばいすわ・・」とまでなる始末。

 

 

 

 

それでもとっくんはいつもお酒飲もうって誘ってくれて

 

一緒に飲むと楽しい、とっくんいなかったらテンションあげられなかったなー

 

 

 

 

トイレ行きがてらサージング再開

 

 

 

ロッカー付近に箱イチっぽい子が座ってたので

 

 

 

 

 

「そこさっき俺の友達ゲロ吐いてたで」

 

 

「うそー!w」

 

 

「ごめんごめんうそうそw」

 

 

オープン

 

 

 

f:id:kayspk:20170522150810j:plain 

※この画像が似てるなって思ったけど誰に似てるか正直わかりません。笑

(以下、まりあ)

 

 

・・・

 

 

最近は和んだ後放流して、2回目にまたあったなー的な流れが多めで

 

 

2回目にみんなの状況次第で和むけど

 

 

今日はこの子以上いなそうだし、これはフロアまでいかせてアモッグ合戦になったり

 

 

キセクのダル絡みにも付き合いたくなかったのでここで早めに仕上げようと決める

 

 

K「こんなとこで何してんのw 帰るとこ?」

 

 

まりあ「疲れちゃったから休んでたー」

 

 

K「お子様は眠くなってしもたんでしょ!」

 

 

まりあ「ばれた?w」

 

 

K「普段クラブとかこなくて今日テキーラ飲まされてはしゃいじゃった的なやつだ笑

髪染めましたーみたいな黒さだけど就活?学生?」

 

 

まり子「よくわかったねーw そそー、先々月〇〇から日本に帰ってきたんだよねー!」

 

 

 

oh!  帰国子女!

俺の食いつきうなぎのぼりやて!!

 

 

仕上げを意識しすぎず純粋に彼女とのトークを10分程楽しむ

 

 

K「なんか落ち着いて座って話してたらフロアいきたくなくなったわw」

 

 

まりあ「めちゃわかるw」

 

 

K「帰ろっか!カギは?」

 

 

まりあ「あの友達もってる! 昼前にままとおでかけするし自分んち帰るよーw」

 

 

K「誰も一緒にとは申し上げておりませんが?笑」

 

 

でたな友達グダ・・・しかも大体実は鍵別々だったり自分もってたりするやつな・・・

 

 

 

 

 

この作業あと人生で何回やるんじゃ俺は・・・

 

 

 

 

しかしここは諦めたくないので目の前のスタッフと話してるの友達子へ

 

 

 

 

K「ねー!友達ー!て、友達も可愛いな!w まりあちゃんが俺と一緒に帰りたいって言ってるんだけどいい?」

 

 

 

 

 

 

 

友達グダは自分が直接友達に速やかに伝えること、風の如し。

友達確認するときは明るく優しく爽やかのこと、林の如し。

女の子に友達に行かせてはならぬ男らしさのこと、火の如し。

自信をもって堂々とする立ち振る舞いこそ、山の如し。

 

良き教えを学んだものだ。

 

 

 

 

 

 

 

まりあ「ねー、いってないw」

 

 

 

友達子「いいよー連れて帰ってあげてー!うちも一緒に出るからちょっとまってー!

 

 

 

K「友達めっちゃいい子・・・かわいいし・・・まりあちゃんのが可愛いけど」

 

 

 

まりあ「友達としてどー思う?w」

 

 

K「笑笑笑」

 

K「でも帰りたいか帰りたいかでいったら?」

 

 

まりあ「選択肢ないじゃんw」

 

 

 

K「帰りた・・?帰りた・・・?い?帰りた・・?」

 

 

 

まりあ「い笑」

 

 

 

K「やっぱ帰国子女て優秀なんすね笑」

 

 

 

 

 

 

 

そしてここでアモッグ王子小次郎来襲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイタッチしてやがる・・・・・

 

 

 

 

俺もまだしてないというのに!!

 

 

 

「親父にもぶたれたことないのに 顔文字」の画像検索結果

 

本人はアモッグする気ないけど癖で食いつきあるか確認する本能があるからな…

チャラ変な髪イケメンめ。

 

 

 

 

 

 

 

なんとか王子の猛攻を避けきり3人で箱out

 

 

 

 

 

 

 

 

K「友達ちゃんも一緒にタクシー乗る?送ってこか?」

 

 

 

友達子「方向違うからいーよ!二人で帰んなー!ばいばーい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(あなたが神か・・・)

 

 

 

 

 

タクシーin

 

K「お母様の用事はまじで大事なやつだからちゃんと起こしてあげるわ、一緒に寝るけど変なことしないでね」

 

 

 

 

 

 

まりあ「まりあ性欲強いからーw」

 

 

 

 

 

 

 

まさかそう返ってくると思わず

 

 

 

 

 

K「はは笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそださい反応してしまう。

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170522171648j:plain

 

 

全力で愉しませていただく!!

 

 

到着

 

 

 

家in

 

 

 

まりあ「なんか服かしてー」

 

 

 

ベッドin

 

 

 

後ろから後ろからもみもみ…

 

 

 

 

K「ちょっとごめん、男として確認しなければならない」

 

 

 

もみもみ…張りのある形のいいちちやで…

 

 

 

まりあ「動かすの禁止w」

 

 

 

 

K「ごめんけど勝手に動いてしまうんだよねいやまじで」

 

 

 

 

まりあ「もーねれないじゃんー笑」

 

 

すっと手を引く。

 

 

ベッドout

 

 

 

 

リビングin

 

 

 

 

 

ソファで横になる。

 

 

 

 

 

 

 

タバコに火をつける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170522172921p:plain

 

最高だ😭😭😭

 

 

 

 

 

 

 

 

なんの意味もないがいったんありがたみをかみしめたくなる。

 

 

まりあ「ねぇー!そこで寝ちゃうのー!?」

 

 

煙草を消して戻る。

 

 

K「なわけ、てか寝ないの?笑」

 

 

まりあ「目覚めちゃったじゃんw」

 

 

 

 

奇遇ですな・・・

 

 

 

俺もさ!!!!!!!!

 

 

 

 

まり子「お風呂入ってないから下なめるのだめ!笑 もーいれて?

 

 

 

 

 

K「はいはい( •᷄⌓•᷅ )੨੨」

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

 

K「なんでそんな積極的なん笑」

 

 

まりあ「初めてえっちでいかせてくれたから…」

 

 

 

ぐぬぬ・・・

 

 

 

信じられないが・・・

 

 

 

 

信じたい自分がいるて・・・

 

 

 

 

愚かな生き物だな男って・・・

 

 

 

 

 

運が良かっただけかもしれないが

 

 

 

過ごせた時間は短いが、出会えて良かったなって思えた。

 

 

 

 

春宵一刻値千金

 

春の宵は趣深く、そのひとときの時間は千金にも値する。

 

 

 

 

具体的に千金という言葉が、よりそのひとときはお金には変えられない。

 

 

 

 

 

そしてそれは恋情に限った事では決してないよな。

 

 

 

 

 

 そんな想いに耽りながら眠りについた。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

数時間睡眠を取り彼女を自宅まで送る時間に。

 

 

 

天気が良く

 

 

 

 

普通にドライブしてるみたいだねと喜ぶ彼女

 

 

 

 

K「一緒にいてくれてありがとね、会えてよかったほんとに。」

 

 

 

 

まりあ「うん!楽しかった!送ってくれてありがと(*´ω`*)」

 

 

 

 

K「ここでいい?また今度ゆっくり遊ぼ、またね」

 

 

 

 

まりあ「・・・LINE交換してないけどいいの?どーやって会うの?」

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぶねぇぇぇぇ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またやるとこだった・・・

 

 

 

おすまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エピソード0

 

 皆様ご機嫌麗しゅう。

 

 

 

別居中の嫁と久々におせっせしました。

 

 

 

 

もう最近方向性どころか人生を見失ってるKayです、こんにちは。

 

 

 

 

 

なんだか嫁との出会いを思い出してエピソード0的なのを執筆したくなり

 

 

今に至ります。

 

 

 

 

思い起こせば初めてのナンパが15歳

 

 

 

 

中学の友達とチャリで街にナンパにいこうとなったんです。

 

 

 

 

 

 

 

夜中の3時に。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも平日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しまいには街までチャリでたどり着く前に力尽きて最寄駅の24時間営業スーパーで。

 

 

 

 

まぁ当然だれもいないわけですよ、人間が。

 

 

 

それでも諦めず周辺を徘徊する4人のガキんちょ共

 

 

 

しかもわたくしに至っては、当時IWGPが大好きで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170405084024j:plain

 

こんな状態。

 

 

いわゆる社会のゴミです。

 

 

 

 

 

 

 

今の方がゴミさ加減では当時を越えてると自負しておりますが^^

 

 

 

そんなこんなで女性を一人も見つけられないまま帰ろうとしたとき

 

 

 

 

「いた!!いた!!!!!」

 

 

 

 

 

 

と肝試しでおばけ見たみたいな報告をしてくる友人

 

 

 

「まじ!?どんなの!?だれいく!?」

 

「お前いけよぉ」「いや俺やっぱ無理だわぁ」

 

 

 

 

 

 

まるで転校生に話しかけようとする男子達さながらのへろへろ具合

 

 

 

 

 

俺らは何しにきたんだと見かねた俺は自らを奮い立たせ

 

 

 

K「わかった!俺いってくる!!」

 

 

 

 

 

 

 

駆け足で店内へ

 

 

 

 

 

すぐに見つかる

 

 

 

 

 

 

 

女の人だ・・・!

 

 

 

 

 

 

 

スタスタと覚悟を決め声かけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K「きみもぉ~~~G-BOYSにはいらないくわぁ~~~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘ですこんなオープンしてませんすみません。

 

 

 

 

誠実系でいった記憶です。

 

 

 

十数年たった今でも鮮明に覚えています。

 

 

 

 

清楚系のOLさんで当時25歳

 

 

 

 

 

俺の10個も上で非常識な時間に話しかけてくるキングをほほえましくうなずいてくれたあつこさん(仮)

 

 

 

 

 

 

 

 

当時PHSがはやりだした頃俺は携帯電話を持っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、あれはJ-PHONE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なつかしいwwwwwwwwww

 

 

 

J-PHONEwwwwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

ひとりで盛り上がってしまいました

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

5分ほど和みバン

 

 

 

 

 

当然連れ出し打診とかも通る時間でも場所でもなく放流

 

 

 

 

 

 

 

仲間達のところへ戻り報告

 

 

 

 

まるで自分のことのように喜んでくれて即ったような顔してみんなで帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

後日、あつこさん(仮)とは2日に一度くらい電話をし電話友達になる。

 

 

 

 

 

 

 

今度遊ぼうねといってくれたあつこさん(仮)

 

 

 

 

 

 

 

 

当時塾の先生(24)とお付き合いしてた俺はそれくらいの女の人が大好きだった。

 

 

 

 

 

 

今でもそれは変わらない。

 

 

 

 

 

 

 

変わったのはそのくらいの女性が年下になってしまった事…しかも結構…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生は俺の事遊びだったと思うけどね。

3年前くらいに先生おかわりしたけど老いてたな・・・

Fテクは今までの女性経験でイチバンだったけど、まじすげかった・・・

咥えながら吸い込みながら上下しながら舌がぐりんぐりんですわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

(´-`).。oO(浮気しちゃうかもなー(にやにや

 

 

 

 

 

 

と日々過ごしてるとMY J-PHONEが洗面器に水没

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住所等一切知らなかったあつこさん(仮)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして俺の初ナンパの女の子との関係は終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンパって勇気いりますよね。

 

 

 

 

 

でも割ときつそうな顔した子とかクラブで私ナンパされにきてるんじゃないんです子とか

 

 

 

 

 

 

 

 

結構ちゃんと話してくれるし、そこからどんなドラマがあるかわからない

 

 

 

 

 

 

 

そんなワク☆ドキがたまらないじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

ナンパって・・・いいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170405092739p:plain

 

 

 

 

 

最近してないけどね。

 

 

 

 

 

 

前置きが長くなったので本編入りますね。

 

 

 

 

 

 

 

嫁との出会いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

では

 

 

 

 

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

たぶん3年くらい前

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街中のロッ〇リアで声かけてカラオケ楽しんで家で即。

 

 

 

 

さよならさよならさよなら

弾丸即?

 

 

こんばんは、Kayです。

 

 

 

 

今日の出来事なのですが、儀式とかバスターコールとかのせいでアルツハイマー気味なので記憶が薄れないうちに早速書いてみました。

 

 

 

 

 

何も面白い事なければ理論とかもないですが呼んでいただけると幸いです

 

 

 

----------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

3月末日

 

 

 

 

 

 

 

・・・忙しい・・・

 

 

 

 

 

年度末関係なく珍しく多忙

 

 

 

 

 

 

分刻みのスケジュールをこなし最後のアポイントの為、札〇駅へ到着し、顧客を待つ。

 

 

 

 

 

 

「あの子可愛い・・・あ、あの子も可愛い・・・時代はストだなー」

 

 

 

 

 

 

 

 

二日前に即ったけどno射精なのでモチベーションの高まりを感じていると顧客からの電話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顧客「すみません、急用が入ってしまったので時間の変更か後日にしていただくことってできますか?><」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドタキャンをいただく

 

 

 

 

 

これもうこのまま早く帰れるやつだと確信し、最近ナンパしてないのでこのままリハビリがてらストを決行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10分程地蔵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナンパってどうやるんだっけwww講習はよwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかもこんなに人いたらなんだか恥ずかしい・・・

 

 

 

場所を南口から北口へシフト

 

 

 

 

1声かけ目

K「こんばんは、突然ごめんなさいナンパなんですけ・・・」

 

女の子「戻らないといけないんで(苦笑)」

女の子ギアチェンジして加速

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Kさん心が折れる

 

 

 

箱に慣れすぎたとくよくよしだす

 

 

 

 

くよくよしたまま2声かけ目

K「こんばんは、突然ごめんなさいナンパなんですけどお時間ありませんか^^」

 

女の子B「びっくりした!あー今友達待ってるんですー」

 

 

f:id:kayspk:20170331210415p:plain

 

 

(この子桜井翔に似てるな・・・髪は長いけど・・・)

 

 

 

女の子がちらっと携帯を見る(以下翔子)

 

 

 

 

ちらっと目にはいるがLINEではない

 

 

 

ツイッターのメッセージ・・・?

 

 

 

こいつ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフパコ勢か!!!

 

 

 

 

勝手に決めつけ、ネトナン師なんかにアモッグされてたまるかと闘志を燃やし和む

 

 

 

翔子「全然連絡こないw」

 

K「じゃーさ、連絡きてどーなるか決まるかまで俺と暇つぶししてようよ」

 

翔子「いーけどなにするの?w」

 

K「んーすぐ動けそうなやつならお茶かドライブかな、どっちがいい?」

 

翔子「ドライブすきだけど車なの?」

 

 

確信する

 

 

 

 

 

 

 

 

即系だと。

 

 

 

 

車に乗り込み、ドライブという名の帰路につきながら和む

 

 

 

「どこに向かってるの?」とも聞かれず彼女がしゃべり続けるので、そのまま自宅付近へ

 

 

 

 

 

K「なんか仕事終わりだからそのまま普通に帰ってきちゃったわ^^連絡きた?」

 

翔子「まだw」

 

K「んじゃうちで待ってよ?特におもてなしできないけどw やだ?」

 

翔子「んー、だいじょぶ」

 

 

 

 

どっちのだいじょぶかわからなかったけどパレスin

 

 

 

 

 

確信する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

即系だと!

 

 

 

 

 

 

ソファで一緒にTVをみて和む

 

K「野球すき?」

 

翔子「好きじゃないけどパパが好きなんだよねー」

 

K「え?どっちのパパ?w」

 

翔子「どっちのとかないからw そゆことしないからw」

 

K「パパと俺の年齢差が5つしか変わらないとかなんかつらくなってきたわw」

 

翔子「見えないからだいじょぶだよw」

 

K「ありがとうございますお気を使っていただいて・・・w クラブとかいったりするの?」

 

翔子「K箱とかってとこ?いったことないー」

 

 

クラブいかない勢とセックスするの久々やで(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

少し無言でTVを見て頭を撫でる

 

 

 

 

寄り添ってくる翔子

 

 

 

 

翔子「眠たくなってきた」

 

K「寝ちゃったら友達んとこいけなくなるよ」

 

こっちを見てくるので見つめ返しキスをする

 

 

翔子「はむ・・・んん・・・あん・・・」

 

 

喘ぎながらキスしてくる子っていいなぁ

 

 

 

 

てか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シラフギラひっさびさで緊張するわwwwww

 

 

 

 

 

ブラジャーをはずしじっくり弄る

 

 

ゆっくりパンツの中に手をいれると完全な仕上がりを確認

 

K「ベッドいこっか」

 

キャッキャ脱がしながらスレンダーな身体にプリケツな後ろ姿に興奮しつつ、自分の手の匂いを確認する

 

 

 

ベッドメイク設定完了

チンコパワーフロー正常

精子量濃度正常

翔子仕上がり臨界

満州クリア

オールグリーン

 

f:id:kayspk:20170331222208p:plain

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

翔子「じらしすぎーーいれてぇ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャワーを浴びてあがると友達から連絡きてて30分後待ち合わせとの事でLINEを見せてくる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オフパコじゃなかったんか・・・思い込みて怖い・・しかも即放流できるとか友達ナイスか!)

 

 

 

最寄駅まで送る

 

 

 

翔子「数時間だったけど今までのHで一番優しかった、もっと激しくしてくれてもよかったよ?w」

 

 

 

K「ぢぢいをいたわらんかw品評会やめんかw」

 

 

翔子「でもホントに嫌じゃなかった」

 

 

K「素直じゃない言い方w 一番優しくて素敵だったってってツイートしてもいいよ、リツイートするわ」

 

 

翔子「周り察するじゃんwてかうちのツイッターしらないじゃんw」

 

 

K「そーだったわw ・・・ついたよ、ここでいい?」

 

 

翔子「うん、ありがと、ちゅーして」

 

 

 

 

 

 

車を降りて何度も振り返り切なそうに手を振る彼女

 

 

 

 

なんか言いたいことでもあったのかな

 

 

 

 

 

 

帰りの道中、いつもは俺からお礼の連絡はしないがナンパでついてきてくれた感謝でお礼の連絡をしたくなった

 

 

 

 

 

 

 

たまには心理戦とかなしにお礼したっていいよね

 

 

 

 

 

 

 

人間、感謝って大事だよね

 

 

 

 

 

 

 

 

費用0円でなんなら家にあったミネラルウォーターしか出してないけど・・・

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切なそうにしてた彼女の顔の訳がわかった気がするよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡先交換するの忘れた;w;

 

 

 

 

 

 

絶対クラナンの後遺症…

 

 

おしまい

 

 

 

隠れオンリーワン

--------------------------------------------------------------

笑いとばせるようなことを

見つければいいのよ。

 - マヤ・アンジェロウ -

--------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

2017年1月某日

 

 

 

その日は野生の後輩と合流し、K箱にいく予定だったので歩きながら向かう。

 

 

 

何度かこの野生君とは箱で遊んでいるのだが、若いイケメン高身長。

 

 

俺とは真逆の全てを持っている。

 

 

しかし声かけを全くしないので、逆3で俺が軽くオープンして野生君を巻き込む。

 

 

可愛いほうが野生君に食いつく、なんなら勝手に仕上がる。の流れがデフォ。

 

 

 

 

 

 

・・・・・婚期が遅れればいいのに。

 

 

 

 

 

 

道中、声かけができない。何はなしたらいいかわからない。等の相談を受ける

 

 

「用語使わないでアドバイスするのって難しいな・・・」

 

と喋っているうちにK箱in

 

 

華金のピークなので、フロアはパンパン。

 

 

K「今日は飲もうか!」

 

野「俺今日は飲める日です!」

 

 

 

飲む・・・話す・・・野生君目的なのか俺に逆ナンが数件くる・・・

 

 

 

 

 

1時間後

 

 

 

 

 

 

野「ちょっと吐いてきます・・・」

 

 

 

f:id:kayspk:20170317162137p:plain

 

 

ポンコツめ・・・小次郎かて・・・」

 

 

と、暇になったので喫煙フロアへ

 

 

正直K箱の俺の主戦場はここ、和みの声も通りやすく、携帯をいじりやすいのでバンゲに最適

 

 

フロアに入って椅子に座ると値5程の慣れてなさそうな子がいるのでオープン

 

 

K「一人?友達は?」

 

女「アー、エット、ワタシハヒトリデス!^^」

 

K「えっと、日本人じゃないのかな?w」

 

女(以下韓国子)「韓国カラキマシタ!^^」

 

 

 

 

 

 

 

 

K「^^^^^^」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

語学留学に来てるとの事で、簡単な英語と翻訳を駆使し和む。

 

 

不安だろうし、仕上げも簡単そうだけど、野生君が心配と伝え一度放流しげろげろまんと合流

 

 

野「飲みすぎました・・・」

レッドブルウォッカ2杯

K「メインフロアいってくるから仲良くしてて^^」

韓国子のところへ野生君を連れていきパス

 

 

メインフロアを徘徊しているとキョロキョロしてる可愛い子が目に付く

 

 

 

 

 

この子にいきたい。

 

本能がシンプルにその子を指す

 

 

 

 

 

K「迷子ちゃん発見ー」

 

案件「そうなんですよー、友達すぐ消えちゃってー!酔っ払いでやばいんですよー!」

 

K「もう持ち帰られてるんじゃない?w 少し一緒にここで待って、こなかったら一緒に探そ!一人でいたら変なのに絡まれるで!こんなのとかに!」

 

案件「ほんとですねーw絡まれましたーw でもお兄さんさっきみかけて今日一番かっこいいなって思ってましたw」

 

K「・・・オススメの眼科教えようか?」

 

 

 

 

 

 

 

そうこう和んでいると鼻の下を伸ばしてると友達子帰ってくる。すげーいかつい男連れて。

 

 

すすきのの駐屯地説濃厚すぎてK箱の子には自衛隊とか公務員とか言わないほうがいいです。

仕事なにしてるの?って聞かれたら探偵っていうのオススメ。

探偵って怖いよねホントやめてほしい

 

 

 

 

友達子合流するなり、俺にダッシュ&ホールド

案件「え!知り合い!?」

K「しらんしらん助けてww」

 

友達子がお酒により仕上がっているので、マッチョの野生も必死に友達子の近くから離れない

 

 

そんなマッチョを無視して3人で踊る、友達子が俺に抱きつくキスしようとする、案件が剥がすを繰り返してると、楽しい時間はすぐすぎてしまうもので、閉店の時間に。

 

 

マッチョ「あの、お兄さん、自分この子と帰りたいんですけどどうしたらいいですか?;;」

 

K「おけおけ、セp・・俺この子とご飯食べにいくね^^」

 

 

箱OUT後、2-2で散る

 

K「どしよっか?R箱いく?でも友達暴れすぎて疲れたよねw」

 

案件「ほんとですよねー、あの子がごめんなさいーw」

 

K「二人でゆっくりしよか^^」

 

案件「私今日レディースデーですよ?」

 

K「あらーそーなんだ・・・残念・・・」

 

手をつなぎホテル方面へ

 

案件「もーw聞いてますー?w」

 

 

 

 

 

IN&IN

 

 

 

 

 

 

俺はセックスの時INした後5秒以上動かさない。

女の子の内部が俺の形に合わせてなじませる為だ。

そして目を見つめる。

瞳は一番の性感帯という。

そして抱きしめ耳元で囁く。

もはやルーティン。

 

 

案件「あーん♥もうKちゃんのこと好きになっちゃいますよー?♥」

 

K「だめーw」

 

 

 

正直、こんな可愛くて気遣いもできておっぱいもまんまるでスタイルよくて

俺の方が好きになりそうやでって内心思うよね。笑

唯一残念なのが、出会いがココであったこと。

 

 

 

 

 

 

そして始発で別れ、帰宅。

 

・・・

・・

 

 

 

 

 

 

K「あかん!!げろげろまん忘れてたて!!!」

 

LINEを送る。

 

野「一人でさびしいっていうのでタクシーまで一緒にいってあげました^^」

 

 

 

 

 

 

優しいのか優しくないのかwwwwwww

 

 

 

 

 

 

 

後日

 

 

 

 

 

 

案件と食事をし、身体を重ね、その1ヶ月後もデートをした。

 

この子に会いたいと素直に思えたから。

 

俺がもし結婚していなければ付き合いたいとも考えた。

 

でも俺はナンパを続けるだろうし、そんな感情を持つだけ傷つけ、傷つく。

 

そうしていつもと同じフェードアウトフェーズにはいった。

 

 

 

 

 

その1ヵ月後にあのおっぱいが恋しくなりザオラル

 

 

 

K「あのー、バレンタインの受付中なんですけどー?w」

 

 

厚かましさこの上ないザオラル非モテ感やばいですよね^^

 

 

 

案件「ごめんー><社内試験とか出張とか色々本当に忙しくってー><」

 

 

そのあと数件LINEするも食いつきが悪い・・・

 

 

K「どしたの?正直にいってくれて大丈夫だよ。」

 

 

要するに、好きっていってくれてる人がいて、俺と会ってどっちつかずみたいなフラフラするのが良くないと思い俺には会っちゃいけないと覚悟したらしい。

 

 

「おおう、結構ボディにきたぜ…」

 

 

 

K「そっか、大切にしてもらってね、一緒に過ごせた時間幸せだったよ。」

 

案件「ありがとうございます、ごめんね。」

 

 

 

 

出会い数だけドラマがある、これからも沢山素敵な女性と出会い、楽しい時間を過ごしたい。

 

 

もちろん時には悩み、傷ついたりすると思います。

 

 

 

 

 

笑いとばせるようなことを

見つければいいのよ。

 

 

 

 

 

 

 

人生は一度きり。

 

 

 

 

 

 

 

今日も最高に馬鹿で、最高の仲間が待っている。

 

 

 

 

 

 

楽しくやろう。

 

 

 

 

 

 

続く……かな?笑

 

 

年の瀬の出来事

 

お初にお目にかかります。Kay(ケイ)と申します。

 

f:id:kayspk:20170309141847j:plain

 

 

 

 

 

現在、札幌の既婚プレイヤーでナンバーワンイクメンをしながらナンパをしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

控えめに見てもクズですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も、kay値20,000の息子の為に離乳食に「しらすとわかめと白菜の雑炊」を調理し、白菜の芯は熱がこもりやすく火傷をしないか心配しながら、ふーふーして与えております。

 可愛い😊

 

 

 

 

 

 

育児ブログにしようか迷ったのですが、先日のタ〇シ会でイクメンアピールをしたところ、もれなく全員に苦笑いされたのでナンパで起こった出来事を綴っていきたいと思います。

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170310131340p:plain

ネタにもしばらく悩んだのですが、小次郎にこの即報を記事にしたらとリクエストがございましたので作成してみました。

 

 

お目汚しではございますが、暖かい目で見てやっていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

では

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

2016年12月某日

 

 

 

 

 

Xmasソングが街に流れ続け、イルミネーションが全てをときめかせるこの時期…

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんか儲かる事ねーべかな…」

 

 

 

 

 

 

 

最近は年末ジャンボ以外の儲け話が思いつかず思いふけっていた。

仕事中の思考は、これが大部分を占める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは電話してたり書類作成だったり、従業員からの相談もあるがよほどの事でなければ、人生なんとかなるのポジティブシンキング。

 

 

 

 

昔から悪運だけは強く、このラインを越えたらリアルガチにヤバイというような事も絶対に越えたことがない。

 

 

 

 

だから既婚の癖に女性に声をかけるという愚行やめないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ、今日何しにきたんだっけ…ああ、給料計算しにきたんだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 年の瀬に従業員に給料が支払われないというリアルガチにヤバイ事態になるためスマホのネトナンを直ちに中止し、PCに向かう。

 

 

 

 

 

 

 

時刻は12時前

 

 

 

 

 

 

 

「お腹空いたな・・・先に牛丼食べたくなっちゃったな・・・」

 

 

 

 

 

 

ビジネス街の牛丼屋は12時を境に魔境となる。

 

 

 

まさに土曜日の現在札幌イチの集客K箱の2時といったところだ。

 

 

 

事務の子達がまだPCをカタカタしてるのを確認し、ビルを出ようとする。

 

 

 

 

 

牛丼屋まで徒歩3歩、3分とか3秒ではなく3歩。

3歩って大体3秒だけれんども。

 

 

 

 

 

 

なので昼の週2以上のペースでここでお昼をいただく。

 

 

このペースで食べていると、もはやファンシーなメニューにはいかない。

(〇種のチー〇牛丼とか高〇明〇マヨ牛丼とか。美味しいんだけどね。)

 

 

 

※なんか最近キング牛丼って出たらしいですよ。メガの2倍なんですって。

テイクアウト不可なんですって。最初キンタ牛丼に見えましたもん。

 

 

 

 

 

 

 

だからお持ち帰りできないんかいwwwwwwww

(キンタさんご無礼をお許し下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「たばこ吸ってからでいけそうだな・・・」

 

 

 

 

牛丼屋とは逆方向の出口に向かい、喫煙所へ。

 

 

 

 

 

 

寒い。

 

 

 

 

 

 

昨今の喫煙者への荒波を受け、当ビル内も全面禁煙。

 

 

 

 

 

天候は明るく、吹雪ではないものの気温により煙草の煙が輝く。

かがやくいきってこっちが使っても大して与えてる気がしないけど、あっちが使ってくると尋常じゃなく大ダメージですよね。すぐベホマラーか賢者の石使わないときつめ。

 

 

 

 

 

 

 

・・・煙草を吸っているとしゃがんでいる女性が目に付く

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッフルコートきて膝を抱えてうつむき、特にスマホをいじるわけでもない様子

 

 

 

 

 

 

 

昼休憩前にすでに休憩に入っている阿呆は俺以外に居らず、気になったので声をかけた。

 

 

 

 

 

 

K「大丈夫ですか?このビルの関係者・・・じゃないよね?」

 

 

 

 

ダッフルコート幼膝女「あ、いえ、すみません」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170310133729p:plain

 

といいながら立ち上がろうとする時に覗かせる顔

 

幼さ残りながら大人っぽく濃いめな顔で初めて見たときの映像は深く記憶している。

 

 

 

 

 

 

 

K「あーごめんごめん違うんだ。なんか心配になって声かけちゃったさ。ほら、うずくまってたから。あそこの学生さんとか?」

 

 

そういって俺は喫煙所から見える看護学校を指さす。

 

ダッフルコート幼膝女(以下看子「いえ、違いますー。」

 ※違うのに看子なのはのちに嘘ついたと白状したため

 

 

K「なんかやなことあった??もしくはなんか困ってるとか。聞くし相談のるよ!なんか助けられることあったら手伝うし。助けられるかどうかはわかんないけどさ。」

 

 

看子「いやー全然大した事じゃないんですけどー・・・」

 

 

と、いいつつ悩みを打ち明けてくれた。

 

 

要約すると門限が厳しい。親と仲が悪い。門限やぶると本当に家にいれてくれないとのこと。それに悩み滅入ってしまい学校さぼってるなうらしい。

 

 

K「そっかー。それは厳しすぎるかもしれないね、親子関係の問題だから俺どうにもしてあげられないもんなー。彼氏のフリして土下座して説得してもいいならするけど!や、この年の彼氏はきついか・・・きついよね・・・」

 

 

看子「えへへ、ありがと。何歳なの?」

 

 

 

 

 

敬語が解け、ioi確認・・・少し和む・・・

 

時間を確認すると12時を少し過ぎたところ

 

 

 

 

 

 

(´-`).。oO(ああああ!牛丼食べ損ねた

 

 

 

 

K「てゆかお腹空かない?時間あるならご飯でも食べながら話さない??」

 

 

看子「すいた!いーよー」

 

 

K「ちょっとまっててね、コートと鞄持ってくる。」

 

 

 

 

 

 

 

昼休憩に連れ出し成功。

やっぱ声かけてみるもんだなと感慨深くなりながらも、重要な案件に携わっているような顔して会社に戻りOUT

 

 

 

 

 

車IN

 

 

 

 

 

K「家どのへん?さぼってしもたんだし、ご飯食べたら送るよ。その後用事ないんだったら」

 

 

 

看「〇〇らへんー、てか車かっこいーね」

 

 

 

正直このくらいの年齢の子って車の食いつきあったらもはや即ったようなものという統計上のKay理論があります。

 

 

 

方角が同じということでドライブしながら食べるものを考えることに。

そして車内の会話の中で最近コンビニばっかりと聞く

 

 

 

 

 

K「それなら俺がなんか作ってあげようか!てゆかめっちゃ寒かったよね!鍋パしよか!」

 

 

 

看子「え、嬉しいかも!」

 

 

 

悲しみにつけ込むスタイルで家打診通る。

 

 

 

 

他のキセクさん達が聞いたら「やーん♥Kay君のご飯たべたーい♥♥♥」等と

羨ましがってしゃーないシチュやで。よかったな看子。

 

 

 

 

 

 

 

「予め嫁がご実家にご帰省されていらっしゃるのは確認してるし大丈夫じゃろ。念のため探りLINEメンテしとくか・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K---俺のまいすいーとべいびーちゃんは何してる?もう実家?

 

嫁---実家

 

K---寂しいから明日早く帰ってきてな^^

 

嫁---なんか変なスタンプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・我ながら完璧だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう邪魔するものは何もない!!!

 

 

 

鍋とSEXを愉しむのだ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

自宅IN

 

 

 

 

 

 

 

 

ベビー用品を書斎に音速で詰め込み、調理にかかる。

 

 

 

まぁ調理等と言っても昨日の残りなんで切ってもあるし、煮込むだけだから後入れスープとかある拘ったコンビニで400円近くするカップ麺より簡単だった。

 

 

 

 

 

 

 

看子「めちゃおいしー(*´ω`*)」

 

 

K「たくさんおたべ」

 

 

俺の悪いところは、家アポだと気が抜けてまぁ喋らない。

 

 

 

 

「家か。」ってくらい喋らない。

 

 

 

 

これで食いつきが下がってしまってはと思いテンションをあげる為にお酒投入

 

 

 

 

 

 

看子「え、仕事戻らなくっていいの?w」

 

 

 

 

 

 

 

 

K「だいじょぶだいじょぶー、この出会いに乾杯しないでいつするの!」

 

 

 

 

 

 

 

 

親御さんが心配するから飲んじゃだめだよといいつつ一人で飲む・・・飲む・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

べろべろおぢぢの完成である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事が終わり、いつもならどうギラつくか・・・流れやタイミング等を思考するが、思考回路が酩酊状態のためすぐ軽めにギラつく。

 

 

形式的な防御だったため、メルヘンキッスで突破

詳細は企業秘密です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というより・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッフルコート脱いだときのきょぬー具合がさ!!もう無理なのよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでイチャイチャ・・・相談を聞こうとしてた誠実そうな青年はどこへいった・・・

 

 

 

 

K「ベッドいこか^^」

 

 

看子「えーなにするのーw」

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

即!

 

 

 

 

 

看子「あーん♥めっちゃきもちー♥今まで一番かもー♥」

 

 

 

 

 

 

 

と愉しんでいると看子の電話がなる。

 

 

 

 

 

 

 

一時中断

 

 

 

 

K「でなくて大丈夫?」

 

看子「友達だから大丈夫ー!」

 

 

 

 

 

 

K「いや、、、でよう!!!」

 

 

 

看子「ぇー、うん、、もしもしー?」

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

再挿入!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

看子「(小声)ちょ、こら、あーん♥ うん?だいじょ、ぶ、、」

 

 

 

 

 

K「めっちゃ濡れてきたじゃんwwなはははははww」

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

SEXの後お酒飲んじゃったから遅れないからタクシーで駅までいきなとピッとお金を渡す。ふっ・・・いつもスマートだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん少し足りないけどな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しかった。

 

 

 

 

 

 

最近クラナンばっかりだけどこーいうのもたまにはしないとな😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、楽しかった・・・

 

 

 

 

 

 

 

ふむ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

K「給料計算してねえ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記:後日なんとかしたのですが、あれはリアルガチなやばめな汗がでました。