年の瀬の出来事

 

お初にお目にかかります。Kay(ケイ)と申します。

 

f:id:kayspk:20170309141847j:plain

 

 

 

 

 

現在、札幌の既婚プレイヤーでナンバーワンイクメンをしながらナンパをしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

控えめに見てもクズですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も、kay値20,000の息子の為に離乳食に「しらすとわかめと白菜の雑炊」を調理し、白菜の芯は熱がこもりやすく火傷をしないか心配しながら、ふーふーして与えております。

 可愛い😊

 

 

 

 

 

 

育児ブログにしようか迷ったのですが、先日のタ〇シ会でイクメンアピールをしたところ、もれなく全員に苦笑いされたのでナンパで起こった出来事を綴っていきたいと思います。

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170310131340p:plain

ネタにもしばらく悩んだのですが、小次郎にこの即報を記事にしたらとリクエストがございましたので作成してみました。

 

 

お目汚しではございますが、暖かい目で見てやっていただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

では

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

2016年12月某日

 

 

 

 

 

Xmasソングが街に流れ続け、イルミネーションが全てをときめかせるこの時期…

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんか儲かる事ねーべかな…」

 

 

 

 

 

 

 

最近は年末ジャンボ以外の儲け話が思いつかず思いふけっていた。

仕事中の思考は、これが大部分を占める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは電話してたり書類作成だったり、従業員からの相談もあるがよほどの事でなければ、人生なんとかなるのポジティブシンキング。

 

 

 

 

昔から悪運だけは強く、このラインを越えたらリアルガチにヤバイというような事も絶対に越えたことがない。

 

 

 

 

だから既婚の癖に女性に声をかけるという愚行やめないのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ、今日何しにきたんだっけ…ああ、給料計算しにきたんだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 年の瀬に従業員に給料が支払われないというリアルガチにヤバイ事態になるためスマホのネトナンを直ちに中止し、PCに向かう。

 

 

 

 

 

 

 

時刻は12時前

 

 

 

 

 

 

 

「お腹空いたな・・・先に牛丼食べたくなっちゃったな・・・」

 

 

 

 

 

 

ビジネス街の牛丼屋は12時を境に魔境となる。

 

 

 

まさに土曜日の現在札幌イチの集客K箱の2時といったところだ。

 

 

 

事務の子達がまだPCをカタカタしてるのを確認し、ビルを出ようとする。

 

 

 

 

 

牛丼屋まで徒歩3歩、3分とか3秒ではなく3歩。

3歩って大体3秒だけれんども。

 

 

 

 

 

 

なので昼の週2以上のペースでここでお昼をいただく。

 

 

このペースで食べていると、もはやファンシーなメニューにはいかない。

(〇種のチー〇牛丼とか高〇明〇マヨ牛丼とか。美味しいんだけどね。)

 

 

 

※なんか最近キング牛丼って出たらしいですよ。メガの2倍なんですって。

テイクアウト不可なんですって。最初キンタ牛丼に見えましたもん。

 

 

 

 

 

 

 

だからお持ち帰りできないんかいwwwwwwww

(キンタさんご無礼をお許し下さい。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「たばこ吸ってからでいけそうだな・・・」

 

 

 

 

牛丼屋とは逆方向の出口に向かい、喫煙所へ。

 

 

 

 

 

 

寒い。

 

 

 

 

 

 

昨今の喫煙者への荒波を受け、当ビル内も全面禁煙。

 

 

 

 

 

天候は明るく、吹雪ではないものの気温により煙草の煙が輝く。

かがやくいきってこっちが使っても大して与えてる気がしないけど、あっちが使ってくると尋常じゃなく大ダメージですよね。すぐベホマラーか賢者の石使わないときつめ。

 

 

 

 

 

 

 

・・・煙草を吸っているとしゃがんでいる女性が目に付く

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッフルコートきて膝を抱えてうつむき、特にスマホをいじるわけでもない様子

 

 

 

 

 

 

 

昼休憩前にすでに休憩に入っている阿呆は俺以外に居らず、気になったので声をかけた。

 

 

 

 

 

 

K「大丈夫ですか?このビルの関係者・・・じゃないよね?」

 

 

 

 

ダッフルコート幼膝女「あ、いえ、すみません」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170310133729p:plain

 

といいながら立ち上がろうとする時に覗かせる顔

 

幼さ残りながら大人っぽく濃いめな顔で初めて見たときの映像は深く記憶している。

 

 

 

 

 

 

 

K「あーごめんごめん違うんだ。なんか心配になって声かけちゃったさ。ほら、うずくまってたから。あそこの学生さんとか?」

 

 

そういって俺は喫煙所から見える看護学校を指さす。

 

ダッフルコート幼膝女(以下看子「いえ、違いますー。」

 ※違うのに看子なのはのちに嘘ついたと白状したため

 

 

K「なんかやなことあった??もしくはなんか困ってるとか。聞くし相談のるよ!なんか助けられることあったら手伝うし。助けられるかどうかはわかんないけどさ。」

 

 

看子「いやー全然大した事じゃないんですけどー・・・」

 

 

と、いいつつ悩みを打ち明けてくれた。

 

 

要約すると門限が厳しい。親と仲が悪い。門限やぶると本当に家にいれてくれないとのこと。それに悩み滅入ってしまい学校さぼってるなうらしい。

 

 

K「そっかー。それは厳しすぎるかもしれないね、親子関係の問題だから俺どうにもしてあげられないもんなー。彼氏のフリして土下座して説得してもいいならするけど!や、この年の彼氏はきついか・・・きついよね・・・」

 

 

看子「えへへ、ありがと。何歳なの?」

 

 

 

 

 

敬語が解け、ioi確認・・・少し和む・・・

 

時間を確認すると12時を少し過ぎたところ

 

 

 

 

 

 

(´-`).。oO(ああああ!牛丼食べ損ねた

 

 

 

 

K「てゆかお腹空かない?時間あるならご飯でも食べながら話さない??」

 

 

看子「すいた!いーよー」

 

 

K「ちょっとまっててね、コートと鞄持ってくる。」

 

 

 

 

 

 

 

昼休憩に連れ出し成功。

やっぱ声かけてみるもんだなと感慨深くなりながらも、重要な案件に携わっているような顔して会社に戻りOUT

 

 

 

 

 

車IN

 

 

 

 

 

K「家どのへん?さぼってしもたんだし、ご飯食べたら送るよ。その後用事ないんだったら」

 

 

 

看「〇〇らへんー、てか車かっこいーね」

 

 

 

正直このくらいの年齢の子って車の食いつきあったらもはや即ったようなものという統計上のKay理論があります。

 

 

 

方角が同じということでドライブしながら食べるものを考えることに。

そして車内の会話の中で最近コンビニばっかりと聞く

 

 

 

 

 

K「それなら俺がなんか作ってあげようか!てゆかめっちゃ寒かったよね!鍋パしよか!」

 

 

 

看子「え、嬉しいかも!」

 

 

 

悲しみにつけ込むスタイルで家打診通る。

 

 

 

 

他のキセクさん達が聞いたら「やーん♥Kay君のご飯たべたーい♥♥♥」等と

羨ましがってしゃーないシチュやで。よかったな看子。

 

 

 

 

 

 

 

「予め嫁がご実家にご帰省されていらっしゃるのは確認してるし大丈夫じゃろ。念のため探りLINEメンテしとくか・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K---俺のまいすいーとべいびーちゃんは何してる?もう実家?

 

嫁---実家

 

K---寂しいから明日早く帰ってきてな^^

 

嫁---なんか変なスタンプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・我ながら完璧だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう邪魔するものは何もない!!!

 

 

 

鍋とSEXを愉しむのだ!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

自宅IN

 

 

 

 

 

 

 

 

ベビー用品を書斎に音速で詰め込み、調理にかかる。

 

 

 

まぁ調理等と言っても昨日の残りなんで切ってもあるし、煮込むだけだから後入れスープとかある拘ったコンビニで400円近くするカップ麺より簡単だった。

 

 

 

 

 

 

 

看子「めちゃおいしー(*´ω`*)」

 

 

K「たくさんおたべ」

 

 

俺の悪いところは、家アポだと気が抜けてまぁ喋らない。

 

 

 

 

「家か。」ってくらい喋らない。

 

 

 

 

これで食いつきが下がってしまってはと思いテンションをあげる為にお酒投入

 

 

 

 

 

 

看子「え、仕事戻らなくっていいの?w」

 

 

 

 

 

 

 

 

K「だいじょぶだいじょぶー、この出会いに乾杯しないでいつするの!」

 

 

 

 

 

 

 

 

親御さんが心配するから飲んじゃだめだよといいつつ一人で飲む・・・飲む・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

べろべろおぢぢの完成である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事が終わり、いつもならどうギラつくか・・・流れやタイミング等を思考するが、思考回路が酩酊状態のためすぐ軽めにギラつく。

 

 

形式的な防御だったため、メルヘンキッスで突破

詳細は企業秘密です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というより・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッフルコート脱いだときのきょぬー具合がさ!!もう無理なのよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのでイチャイチャ・・・相談を聞こうとしてた誠実そうな青年はどこへいった・・・

 

 

 

 

K「ベッドいこか^^」

 

 

看子「えーなにするのーw」

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

即!

 

 

 

 

 

看子「あーん♥めっちゃきもちー♥今まで一番かもー♥」

 

 

 

 

 

 

 

と愉しんでいると看子の電話がなる。

 

 

 

 

 

 

 

一時中断

 

 

 

 

K「でなくて大丈夫?」

 

看子「友達だから大丈夫ー!」

 

 

 

 

 

 

K「いや、、、でよう!!!」

 

 

 

看子「ぇー、うん、、もしもしー?」

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

再挿入!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

看子「(小声)ちょ、こら、あーん♥ うん?だいじょ、ぶ、、」

 

 

 

 

 

K「めっちゃ濡れてきたじゃんwwなはははははww」

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

SEXの後お酒飲んじゃったから遅れないからタクシーで駅までいきなとピッとお金を渡す。ふっ・・・いつもスマートだ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

たぶん少し足りないけどな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しかった。

 

 

 

 

 

 

最近クラナンばっかりだけどこーいうのもたまにはしないとな😊

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あー、楽しかった・・・

 

 

 

 

 

 

 

ふむ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

K「給料計算してねえ!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追記:後日なんとかしたのですが、あれはリアルガチなやばめな汗がでました。