ライラックという花の「花言葉」

 

 

 

 

こんにちは、Kayでございます。

 

 

 

 

最近様々な出来事が起こりすぎて今後どーなってしまうのか

 

 

 

 

不安な日々を花粉症と共にすごしております。

 

 

 

花粉症の時にバイアグラ飲むと完全に鼻呼吸できなくなります。

 

 

 

お気を付けを。

 

 

先週末の札幌のお祭りから箱の出来事です。

 

 

では

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

ブログ書いてないで即写はよですよね

 

 

すいません

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

-------------------------------------------------

 

 

 

 

 

5月某日

 

 

 

 

 

 

前日(金曜)は息子といちゃいちゃしていたのででれず楽しみにしていた週末。

 

※自己即という意味ではなくそのままの意味

 

 

 

 

その日は所用で昼間からでかけており

 

 

 

 

一年の街の浮つき始めをひしひしと感じていた。

 

 

 

 

所用が終わり、札幌の〇通公園にうらすじがどーにかなってらっしゃる爺と

 

 

坊主()くんがいらっしゃるということで合流することに。

 

 

 

 

 

夜空さん曰く「ポロ札中のアホをギューンと集めた空間の住民」が何故、昼間のこの時間にこんな公園なんかにいるというと

 

 

 

 

5月中旬より下旬にかけて開催されるというライラック祭りというフェスタがあり、そこで遊ぼうというからである。

 

 

 

 

連絡を取りながら近づくと二人と爺のお連れ様(女)の3人を発見。

 

 

 

 

「なに知らないふりしてスルーしようとしとんねん笑笑」

 

 

「季節感ない恰好してると偏差値低そうにみえますわ」

 

 

「さむそう笑笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

補足ですがライラック花言葉

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170523111050p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『友情』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕刻に差し掛かり寒くなってきたが、負けじとキンキンのタピオカブラックティーなるものを買いみんなのとこへ戻りのんびりトーク

 

 

 

おかわりさんのお連れの子もすごいいい子で会合を楽しむが

 

 

 

 

二人はこれからデートということと

 

 

 

 

 

某座くんがストりたくてそわそわチラチラしてくるので別れることに。

 

 

 

 

 

某座「え?おかわりさんkayさんの車乗るの初めてなんですか?僕もう5回は乗ってますよ」

 

 

 

爺「なんだよその変なアピール笑」

 

 

 

美女と美獣を見送り、ストることに。

 

 

 

 

 

※本当は某座くんも俺の車乗るの初めてでした。

 

 

 

こーいう小ネタというかひとふざけをいつもいれれる某座くんは頭が良く面白い。

 

 

 

女の子も彼といるとシンプルに楽しい時間なんだろうなといつも思う。

 

 

ふざけすぎて面白すぎるからいつも女の子に

 

 

『からみめんどいwww』って食いつきあがるんだろうな。

 

 

車を置いて少し歩き、入れ替わりで小次郎くんも参戦

 

 

 

その同時にファミリーの4割のキセク子に遭遇

 

小次郎「大凶や・・・」

 

某座「あの子に一日に3回会うとしにますから」

 

Kay「一緒におったのかと思ったわ笑」

 

 

 

そしてストという名のふざけあいながら散歩をする。

 

 

さらにキセク二人に遭遇する

 

 

 

Kay「ここでさすがに会うとはおもわなかった」×2

 

 

 

 

 

 

・・・俺に世界は狭すぎるぜ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

少しして小次郎君がオープンした3人組の子に和ませてもらいテーブルトークに。

 

 

 

 

なんならこの日まともにオープンしたの小次郎くんだけで俺と某座くんスネ夫みたいになってた。

 

 

 

 

 

某座「なあなあ、この中で一番季節感ない服装指さしてくれへん?」

 

 

 

この日会った時から30分置きにマウントをとってくる某座くん。

 

 

 

 

まさかこの和みの中でなおヒエラルキー落としにかかってくるとは思わず

 

 

 

落ちるのだけは避けようと

 

 

 

 

「ちょwwおいこらww」

 

 

 

しか抵抗できない俺。

 

 

 

 

まぁおいしくしてくれるんだなと思い(諦め)甘んじて受ける。

 

 

 

せーの!で3人の女の子が全員選んだのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小次郎くん

 

 

 

俺と某座くん大爆笑

 

 

イケメン対決でもそうだけどよく女から指さされるすごい奴だよほんと!

 

 

 

 

ぶひぃwwwwwww

 

 

 

 

 

帰るとのことでバンゲせず放流(される)

 

 

 

ここで俺が一旦離脱して二人はスト(散歩)継続

 

 

 

そして2時間後仕事を片付けて再合流して飯にすることに

 

 

 

中華にしましょ!ラーメンにしましょ!

 

 

 

とうろうろしたあげく入ったのは坊主飯処のカレー食堂、、、

 

 

 

 

食事を終え店を出た瞬間にドウタさんに遭遇

 

 

 

 

急いでいたのかニヤニヤして一言もしゃべらず通りすぎられ坊主を目撃される。

 

 

 

 

 

 

 

 

あれは完全に最下層階級を見る目だったよね…

 

 

 

 

 

そしてスト再開

 

 

 

 

 

 

 

某座「小次郎さんのナンパて結構接近戦ですよね」

 

 

K「そーかな?某座&夜空が遠距離職すぎるだけでしょ笑」

 

 

 

某座「ナンパで遠距離てなんなんすか笑」

 

 

 

 

小次郎「キンタさんタイガーさんは格闘家ですもんね」

 

 

 

 

 

 

くだらない陰キャトークのしすぎで疲れたのでキンタゴンで休ませてもらって箱にいくことに。

  

 

 

 

 

道中にそれっぽい女の子二人組がいたので声かけようと振り返ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンパ終わりのキンタさんと別の女の子二人の逆3を発見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか真後ろの人たちがキンタさんだと思わず面白すぎて崩れ落ちる俺

 

 

 

 

 

 

某座&小次郎「大丈夫ですか!?すいません救急車を呼んでもらえませんか!?」

 

ふざけ終わって普通に会話始めて

 

女の子達が「え?この人達知り合いなの?笑」

 

 

からの

 

 

 

キンタ「この子ダイヤの原石やねん、俺の彼女になんねん」

 

小次郎「原石なんかい…ボソ」

 

は面白かった。笑

 

 

 

 

そして全員でキンタゴンin

 

 

 

 

数名変な髪形(?)にセットしてると『とっくん』も参戦。みんなでR箱へ

 

 

 

 

そこで少し事件があり…

 

 

 

 

 

 

テンションあがらずとっくんとお酒を飲んで踊らずふらふらサージング

 

 

 

 

しかも今日も安定の箱値である。

 

 

 

 

 

 

みんなして「今日やばいすわ・・」とまでなる始末。

 

 

 

 

それでもとっくんはいつもお酒飲もうって誘ってくれて

 

一緒に飲むと楽しい、とっくんいなかったらテンションあげられなかったなー

 

 

 

 

トイレ行きがてらサージング再開

 

 

 

ロッカー付近に箱イチっぽい子が座ってたので

 

 

 

 

 

「そこさっき俺の友達ゲロ吐いてたで」

 

 

「うそー!w」

 

 

「ごめんごめんうそうそw」

 

 

オープン

 

 

 

f:id:kayspk:20170522150810j:plain 

※この画像が似てるなって思ったけど誰に似てるか正直わかりません。笑

(以下、まりあ)

 

 

・・・

 

 

最近は和んだ後放流して、2回目にまたあったなー的な流れが多めで

 

 

2回目にみんなの状況次第で和むけど

 

 

今日はこの子以上いなそうだし、これはフロアまでいかせてアモッグ合戦になったり

 

 

キセクのダル絡みにも付き合いたくなかったのでここで早めに仕上げようと決める

 

 

K「こんなとこで何してんのw 帰るとこ?」

 

 

まりあ「疲れちゃったから休んでたー」

 

 

K「お子様は眠くなってしもたんでしょ!」

 

 

まりあ「ばれた?w」

 

 

K「普段クラブとかこなくて今日テキーラ飲まされてはしゃいじゃった的なやつだ笑

髪染めましたーみたいな黒さだけど就活?学生?」

 

 

まり子「よくわかったねーw そそー、先々月〇〇から日本に帰ってきたんだよねー!」

 

 

 

oh!  帰国子女!

俺の食いつきうなぎのぼりやて!!

 

 

仕上げを意識しすぎず純粋に彼女とのトークを10分程楽しむ

 

 

K「なんか落ち着いて座って話してたらフロアいきたくなくなったわw」

 

 

まりあ「めちゃわかるw」

 

 

K「帰ろっか!カギは?」

 

 

まりあ「あの友達もってる! 昼前にままとおでかけするし自分んち帰るよーw」

 

 

K「誰も一緒にとは申し上げておりませんが?笑」

 

 

でたな友達グダ・・・しかも大体実は鍵別々だったり自分もってたりするやつな・・・

 

 

 

 

 

この作業あと人生で何回やるんじゃ俺は・・・

 

 

 

 

しかしここは諦めたくないので目の前のスタッフと話してるの友達子へ

 

 

 

 

K「ねー!友達ー!て、友達も可愛いな!w まりあちゃんが俺と一緒に帰りたいって言ってるんだけどいい?」

 

 

 

 

 

 

 

友達グダは自分が直接友達に速やかに伝えること、風の如し。

友達確認するときは明るく優しく爽やかのこと、林の如し。

女の子に友達に行かせてはならぬ男らしさのこと、火の如し。

自信をもって堂々とする立ち振る舞いこそ、山の如し。

 

良き教えを学んだものだ。

 

 

 

 

 

 

 

まりあ「ねー、いってないw」

 

 

 

友達子「いいよー連れて帰ってあげてー!うちも一緒に出るからちょっとまってー!

 

 

 

K「友達めっちゃいい子・・・かわいいし・・・まりあちゃんのが可愛いけど」

 

 

 

まりあ「友達としてどー思う?w」

 

 

K「笑笑笑」

 

K「でも帰りたいか帰りたいかでいったら?」

 

 

まりあ「選択肢ないじゃんw」

 

 

 

K「帰りた・・?帰りた・・・?い?帰りた・・?」

 

 

 

まりあ「い笑」

 

 

 

K「やっぱ帰国子女て優秀なんすね笑」

 

 

 

 

 

 

 

そしてここでアモッグ王子小次郎来襲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイタッチしてやがる・・・・・

 

 

 

 

俺もまだしてないというのに!!

 

 

 

「親父にもぶたれたことないのに 顔文字」の画像検索結果

 

本人はアモッグする気ないけど癖で食いつきあるか確認する本能があるからな…

チャラ変な髪イケメンめ。

 

 

 

 

 

 

 

なんとか王子の猛攻を避けきり3人で箱out

 

 

 

 

 

 

 

 

K「友達ちゃんも一緒にタクシー乗る?送ってこか?」

 

 

 

友達子「方向違うからいーよ!二人で帰んなー!ばいばーい」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(あなたが神か・・・)

 

 

 

 

 

タクシーin

 

K「お母様の用事はまじで大事なやつだからちゃんと起こしてあげるわ、一緒に寝るけど変なことしないでね」

 

 

 

 

 

 

まりあ「まりあ性欲強いからーw」

 

 

 

 

 

 

 

まさかそう返ってくると思わず

 

 

 

 

 

K「はは笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くそださい反応してしまう。

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170522171648j:plain

 

 

全力で愉しませていただく!!

 

 

到着

 

 

 

家in

 

 

 

まりあ「なんか服かしてー」

 

 

 

ベッドin

 

 

 

後ろから後ろからもみもみ…

 

 

 

 

K「ちょっとごめん、男として確認しなければならない」

 

 

 

もみもみ…張りのある形のいいちちやで…

 

 

 

まりあ「動かすの禁止w」

 

 

 

 

K「ごめんけど勝手に動いてしまうんだよねいやまじで」

 

 

 

 

まりあ「もーねれないじゃんー笑」

 

 

すっと手を引く。

 

 

ベッドout

 

 

 

 

リビングin

 

 

 

 

 

ソファで横になる。

 

 

 

 

 

 

 

タバコに火をつける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kayspk:20170522172921p:plain

 

最高だ😭😭😭

 

 

 

 

 

 

 

 

なんの意味もないがいったんありがたみをかみしめたくなる。

 

 

まりあ「ねぇー!そこで寝ちゃうのー!?」

 

 

煙草を消して戻る。

 

 

K「なわけ、てか寝ないの?笑」

 

 

まりあ「目覚めちゃったじゃんw」

 

 

 

 

奇遇ですな・・・

 

 

 

俺もさ!!!!!!!!

 

 

 

 

まり子「お風呂入ってないから下なめるのだめ!笑 もーいれて?

 

 

 

 

 

K「はいはい( •᷄⌓•᷅ )੨੨」

 

 

・・・

 

 

・・

 

 

 

 

 

K「なんでそんな積極的なん笑」

 

 

まりあ「初めてえっちでいかせてくれたから…」

 

 

 

ぐぬぬ・・・

 

 

 

信じられないが・・・

 

 

 

 

信じたい自分がいるて・・・

 

 

 

 

愚かな生き物だな男って・・・

 

 

 

 

 

運が良かっただけかもしれないが

 

 

 

過ごせた時間は短いが、出会えて良かったなって思えた。

 

 

 

 

春宵一刻値千金

 

春の宵は趣深く、そのひとときの時間は千金にも値する。

 

 

 

 

具体的に千金という言葉が、よりそのひとときはお金には変えられない。

 

 

 

 

 

そしてそれは恋情に限った事では決してないよな。

 

 

 

 

 

 そんな想いに耽りながら眠りについた。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

数時間睡眠を取り彼女を自宅まで送る時間に。

 

 

 

天気が良く

 

 

 

 

普通にドライブしてるみたいだねと喜ぶ彼女

 

 

 

 

K「一緒にいてくれてありがとね、会えてよかったほんとに。」

 

 

 

 

まりあ「うん!楽しかった!送ってくれてありがと(*´ω`*)」

 

 

 

 

K「ここでいい?また今度ゆっくり遊ぼ、またね」

 

 

 

 

まりあ「・・・LINE交換してないけどいいの?どーやって会うの?」

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぶねぇぇぇぇ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またやるとこだった・・・

 

 

 

おすまい